実寸の測り方(ジャニス)

ジャニスの商品サイズは、d fashionとは採寸基準が異なります。下記よりご希望商品に該当するカテゴリの採寸方法をご確認ください。

サイズ表記につきまして
当店で表記しているサイズは全て当店スタッフが平置きで採寸した実寸値になっております。各アイテムの計測方法をご説明致します。
お手持ちのアイテムとサイズを比較されますと、大きさのイメージがつかみやすいかと思いますので、こちらのページを参考に、ぜひ一度ご購入前にお確かめください。
※ ご注意下さい ※
商品によりサイズに多少バラツキがございます。正確なサイズを測るよう心掛けておりますが、採寸用サンプルの実寸値となりますので、お手元にお届けする商品と表記寸法の間に多少の誤差が生じる場合がございます。

ページの先頭へ戻る

カテゴリー

シャツ、カットソー、ワンピースなど
※計測する項目はアイテムにより加減されますので、詳しくは以下のイラストをご覧ください。

着丈 後ろ襟ぐりの中心から裾まで
肩幅 左右の肩先の縫い目から縫い目まで
裄丈 後衿ぐり中央から肩先の縫い目まで(肩幅の半分)と、肩先の縫い目から袖口まで(袖丈)を足した値
バスト 両袖の付け下を直線で測って2倍した値
ウエスト ウエストライン(一番くびれている部分)の両端を直線で測った値
ヒップ ヒップライン(一番太いところ、または、実際に着用したときにヒップラインあたりに相当するところ)を直線で測ったを2倍した値
袖丈 肩先の縫い目から袖口まで
袖口 袖口部分の幅を直線で測った値
裾幅 裾部分の幅を直線で測った値

カットソー、Tシャツ類

カットソー、Tシャツ類

タンクトップ

タンクトップ

ワンピース・チュニック類

ワンピース・チュニック類

キャミソール・ベアトップ類

キャミソール・ベアトップ類

ジャケット・シャツ類

ジャケット・シャツ類

ドルマンスリーブ

ドルマンスリーブ

ページの先頭へ戻る

パンツ
※タックやプリーツなどのひだがあるアイテムは、広げずに測定しております。

総丈 上端から裾までを測った値
ウエスト ファスナーやボタンを閉じ、上端を直線で水平に測った値を2倍した値
ヒップ ヒップライン(一番太いところ、または、実際に着用したときにヒップラインあたりに相当するところ)を直線で測ったを2倍した値
股上 内股合わせから上端までを測った値
股下 内股合わせから内股縫い目に沿って裾まで測った値
わたり 股付け根部分の両端間の直線距離
裾幅 裾部分の幅を直線で測った値
パンツ

ページの先頭へ戻る

スカート

上端から裾までを測った値
ウエスト ファスナーやボタンを閉じ、上端を直線で水平に測った値を2倍した値
ヒップ ヒップライン(一番太いところ、または、実際に着用したときにヒップラインあたりに相当するところ)を直線で測ったを2倍した値
裾幅 裾部分の幅を直線で測った値
スカート

ページの先頭へ戻る

ベルト

ベルト
長さ バックルを含むベルトの全長
最大幅の値
サイズ ベルト穴からバックルの調節部分までの長さ(実際のウエスト周にあたる部分)
※バックル先端の内側と、ベルト穴の真ん中を基準とします。
※左図のベルトの場合、「約○cm間隔でベルト全体に3穴」と記載します。
バックル部分 バックルの横幅
ベルト

ページの先頭へ戻る

帽子

キャスケット・ハットなど
頭周り 帽子本体の底辺の内周
高さ 帽子本体の底辺から頂点まで垂直に計った長さ
ツバ ツバの長さの最大値

ニットキャップ
頭周り 平置きで底辺幅を測って2倍した値
高さ 平置きで、帽子本体(折り返し部分がある場合、折ったまま)の底辺から頂点までの長さ
ボンボンの高さ ボンボンの直径
帽子

ページの先頭へ戻る

ブーツ・靴
長さ つま先からかかとまでの最長部を直線で測った値(外寸)
横幅の最大値(外寸)
ヒール ヒールの付け根から床面まで垂直に測った値
高さ 靴を立たせた状態で、床面に対して垂直に測った高さ(ヒールを含む)
履き口の内径 履き口上部の内周(内寸)
足首まわり 筒の付け根部分をぐるっと1周測った値(外寸)

試着モデルの足の測り方
足長 1番長い指先から、かかとまでを直線で測った値
足囲 親指の付け根の骨~小指の付け根の骨(最も出っ張った部分)をぐるっと1周測った値
甲周り 甲骨のあるところを、ぐるっと1周測った値(足囲計測部分より、約5cm足首寄りのあたり)
足首 足首の最も細い部分をぐるっと1周測った値
ふくらはぎ ふくらはぎの最も太い部分をぐるっと1周測った値
ひざ下 まっすぐに立った状態で、ひざ裏の中心部分(足を曲げた時の折り目)から床下までを垂直に計測した値

※ひざ下の計測以外すべて、膝を軽く曲げてしっかりと足全体に体重をかけた状態で行います。ご自分で測られますと、正確な値を出すのが難しいため、できるだけどなたかに測ってもらうことをオススメいたします。特にひざ下はまっすぐに立った状態で測るのと、座って測るのとで、大きな差が生じる場合がございます。

靴

ページの先頭へ戻る