リバティ・プリント

リバティ・プリント

リバティ・プリントとは、小花柄を布地全体に敷き詰めた全面柄のことをいいます。元々は1874年に創立されたロンドンのリバティ社製のプリント柄を指します。当初は、アール・ヌーボー様式の緻密で曲線的な花柄がプリントされていましいたが、花柄以外にも幾何学模様、ペイズリー柄などがあります。SHIPS(シップス)などのセレクトショップや、Afternoon Tea LIVING(アフタヌーンティーリビング)などの雑貨を取り扱っているショップでリバティ・プリントを使ったアイテムを多数販売しています。