renoma(レノマ)

renoma(レノマ)

コンセプト・取扱いブランド

コンセプト紹介

1963年にパリの一等地である16区のポンプ通りに本格プレタポルテのブティックをオープンさせたrenoma(レノマ)は独自のファッション哲学と独創的なデザインで注目を集め、ミュージシャン・映画監督ら多くの顧客を抱え注目のブランドとなりました。 イヴ・サンローラン、ジェームス・ブラウン、アンディー・ウォーホル、セルジュ・ゲンズブールもその一人で1960年代から70年代のファッションに多大な影響を与えました。

- 生粋のパリジャンがもつ小粋さが感じられるブランドrenoma -

「デニムパンツにジャケットを羽織ってランチに出かける」そんな現在では日常的な光景もrenomaが提案する以前の男性の着こなしとしてはあり得なかったスタイルでした。 服を着ることで自らの生き方や感じ方を表現すること。 そこに自分らしい価値が生まれるとの思いから、シンプルでありながらも、あたり前にただ着ることをしない「ドレスダウン」の価値創造など、従来renomaが提案し続けてきたデザインコンセプトでもある「既存の枠を超えた遊び心」を感じさせるアンダーウェアコレクションとしての4つのカテゴリーが誕生しました。

取扱いブランド

renoma(レノマ)ランキング

お気に入りショップに登録