GISELe 連載企画 vol.14

連載企画Vol.14 GISEL1月号掲載 KNIT UPDATE 1つで多くを求められる「役割の多いニット」に更新

ワードローブのメインとなるニットには、
使い勝手のよさに加え、それ以上の効果も求めたい。
キレイめな装いにムードをつくったり、
装飾がわりに使えたり。
多彩な役割を持つ
デザイン性の高いニットの
実力を着まわしながら立証。

001.「深いグリーンのリブニット」
黒タートルの延長で地味に変化がつく

立体的なリブ編みだから、細身のシルエットでも肉感を拾いにくい。

アイテムを見る

NO.001 SLIM TURTLE KNIT

  • 「ひかえめなさし色づかい」
    首元やすそから少量のぞかせてやさしい配色に奥行きづくり

    黒と同等の引き締め力をそなえつつ、深みも演出できる。ダークグリーンのニットは、あいまいな色のスタイリングと好相性。

    掲載アイテムを見る

  • 「ビターにフレンチルック」
    クラシカルなグリーンで端正な黒パンツに深みを演出

    リブタートル×黒パンツのそぎ落とされたスタイリングに、ダークグリーンで味を出す。ハイネックのタイトな形で、暗色どうしもすっきり。

    掲載アイテムを見る

002.「ブラウンのケーブルニット」
レディを貫ける赤みがかったブラウン

ワインレッドに近い赤茶。
ケーブル編み×ゆるい形の
カジュアルなデザインでも気品を保てる。

アイテムを見る

NO.002 BIG CABLE KNIT

  • 「ワンツーで緊張感をほぐす」
    白のコンサバなスカートをもこもこしたブラウンで身近に

    ボリューミィなケーブルニットで、エレガントな白をカジュアルダウン。赤まじりのブラウンだから、真逆のテイストに振り切ってもレディに落ち着く。きゃしゃな小物で全体を軽やかに。

    掲載アイテムを見る

  • 「見慣れたデニムにムードづくり」
    渋みのある色×編み模様で色あせデニムに風格を

    ともするとやぼったく傾きがちなケーブルニットは、白インナーを重ねて、さわやかさもキープ。サイドスリット×前後差のある丈で、中にレイヤードしやすいのも魅力。

    掲載アイテムを見る

003.「オフ白のフリルニット」
コンパクトなサイズ感なら、+フリルも上品

ミラノリブの地厚な生地で、きちんと感も確保。
2重のフリルが、肩幅のきゃしゃ見せにも作用。

アイテムを見る

NO.003 FRILLED DESIGN KNIT

  • 「力まずクラシカルに」
    白パンツ&フリルの正統な服装をニット素材感でリラックス

    黒タートルを重ねてALL白の膨脹感を払拭。

    掲載アイテムを見る

  • 「ときには白T感覚で」
    インナーがわりに中に仕込みテイストMIXをシンプル化

    ニットだから白T的に使っても品を保てる。

    掲載アイテムを見る

004.「オレンジビッグタートルニット」
発色のいい色はルーズなニットで気楽に挑戦

あたたかく装ってもクリーンなイメージを維持できる、
明るいオレンジを新調。

アイテムを見る

NO.004 BIG TURTLE KNIT

  • 「マニッシュに転ばせない」
    紳士な組み合わせを 強い色でモードに転換

    スラックス&ストライプシャツのかたい服装に、鮮やかなオレンジで遊び心をトッピング。タートルの端正なシルエットなら、キャッチーに傾きすぎない。先細パンプスを合わせてすらりと。

    掲載アイテムを見る

  • 「アクセ感覚で小さく効かせる」
    ベージュのワントーンをオレンジニットでメリハリづけ

    ブラウンのかわりにオレンジニットを採用し、新たな暖色スタイルを構築。首元やそでからちら見せして、少量で使うと、ベージュの穏やかな表情もくずしすぎない。

    掲載アイテムを見る